FC2ブログ
topimage

2020-10

九月も終わり軽井沢 - 2020.09.30 Wed

軽井沢は美術館と植物園へ

九月は雨の日が多かったが、やっと月末からは晴れ間が続きそう。そこで初秋の軽井沢へ向かう。
本日は最初に「脇田美術館」へ。旧軽井沢の賑やかな通りから少し入ったところにある。洋画家の脇田和の作品が展示されているが、吉村順三設計のアトリエ山荘が中庭に保存されている。

20200928karuizawa-12.jpg

年に一度ぐらい内部が公開されるそうだが、今日は庭から見るだけ。
その後、もう一つ「軽井沢現代美術館」に向かった。町立図書館の近くの森の中にある美術館で、草間彌生、奈良美智、村上隆といった人気の有名どころのアーティストの作品が展示されている。アート鑑賞を終えて昼食は「追分そば茶屋」へ。ここの天ざるは天ぷらの盛りが多くて大満足。(これは前にも書いた気がするが)

その後、ホテルに向かったが、早すぎてチェックインできず、近くの植物園を散策することにした。
風越公園にある「軽井沢町立植物園」は入場料わずか100円で四季折々の植物の鑑賞を楽しめる上、園内をのんびり散歩するのも程良い広さの施設だ。写真は「ヒゴダイ」という球形の花。おもに九州に見られる花だそうだ。色が綺麗。

20200928karuizawa-11.jpg

翌日は草津へ

軽井沢を起点にドライブを楽しむなら草津・白根方面が快適だ。軽井沢から一時間ちょっとで草津温泉に到着。まずは町内の駐車場に止めて、温泉街の中心地、「湯畑」に向かう。

20200928karuizawa-10.jpg

草津温泉は以前と比べるとすっかり綺麗に整備されているような印象。ここで昔から旅館をやっている親戚を訪ねてみたが、もう今はすっかり世代が変わってしまい、挨拶のみで失礼した。

その後、白根山方面に向かい、志賀草津高原道路の景観を楽しもうと思ったが、火山警戒レベルの関係で、一部通行規制区間があった。我々もここ青葉山のスキー場までで、引き返すことにした。

20200928karuizawa-9.jpg

八ッ場ダムへ

ここまで来たならせっかくなので近くの八ッ場ダムに行くことにした。以前は完成間際だったが、今回は完成後の水を満たした状態を見て見たかった。

20200928karuizawa-8.jpg

ダムは満水の状態では無かったが、施設はほぼ完成していた。残念なのはダムの案内所やエレベーターなどが準備中のようで、もっと詳しくダムを知るにはまた次回ということになった。
今日は晴れて空気がきれいなせいか、ダム周辺の山の緑がとても綺麗だった。

20200928karuizawa-7.jpg

ちょうどお昼だったのでここで昼食とする。ダムの駐車場横にある「麦の香り」といううどん屋さん、とても美味しかったので、お薦めです。

20200928karuizawa-6.jpg

軽井沢に戻って別荘へ

途中、浅間牧場に寄って浅間山を見る。昨日は雲に隠れて姿が見れなかった。軽井沢に来たらちゃんと見ておかないとね。

20200928karuizawa-3.jpg

軽井沢に戻ってから友人の別荘に寄ってお茶をご馳走になる。その庭は、いかにも軽井沢らしい森に囲まれた佇まい。

20200928karuizawa-5.jpg

旧軽井沢ハーヴェスト

夕方には旧軽井沢ハーヴェストにチェックイン。温泉に入ってドライブの疲れを癒す。
夕食時には秋らしい松茸の土瓶蒸しを追加オーダーしてしまった。

20200928karuizawa-4.jpg

以上、軽井沢、草津の初秋の旅でした。
とにかく何度も行っているので、ブログに書くネタがだんだん無くなって困ってしまう。

20200928karuizawa-2.jpg

20200928karuizawa-1.jpg

箱根・熱海・御殿場へ 秋の始まり - 2020.09.16 Wed

雨の日は美術館へ

前回は夏の終わりということで、蓼科に行ったが、こんどは秋の始まりを箱根・熱海・御殿場を周って味わうつもりだったが、まだまだ暑かった。
 まず最初。箱根に到着後、芦ノ湖畔で評判の「深生そば」でランチをとる。少しわかりづらい駐車場に車を止め、店内に。本日は夏季限定の「桜おろし蕎麦」をいただく。素揚げされた桜海老がたっぷり入って、サクサクとした感じがとても気に入っている。

2020-09hakoneatami21.jpg

箱根や熱海には何度も来ているので、今回も何処に行くべきか悩んでしまうが、雨模様の天候との兼ね合いもあり、ポーラ美術館に。本日宿泊予定のホテルに先に寄って、割引チケットを手に入れておく。

2020-09hakoneatami01.jpg

今回の企画展は「モネとマティス」だ。日本国内にあるモネとマティスの作品が箱根に集められ、80点という物量で、たっぷりと鑑賞を楽しめる。それに加えて常設展示の名画の数々もあり、旅先でのゆったりした時間を充分に堪能できた。

2020-09hakoneatami22.jpg

そして時間が来たので本日の宿泊地、仙石原の東急ハーヴェスト箱根甲子園にチェックイン。部屋から金時山をはじめ、箱根の山々の眺めが良い。

2020-09hakoneatami20.jpg

晴れればハイキング

さて、翌日は何とか天気も回復したので少し歩こうと思い、ホテルに車を置き、「仙石原-湖尻自然探勝歩道」を歩いた。

2020-09hakoneatami14.jpg

このコースは仙石原から芦ノ湖までを結ぶ長いハイキングコースで、全て歩けば数時間はかかりそう。途中、蒸し暑くもなってきたので、引き返したが、それでも充分に自然を楽しめる。

最初は別荘地を歩き、そこを抜けると森の中へ。

2020-09hakoneatami18.jpg

やがて早川沿いに出て、橋を渡る。

2020-09hakoneatami17.jpg

2020-09hakoneatami16.jpg

川沿いもあれば、林もあり、なかなか変化もある。

2020-09hakoneatami13.jpg

全体に急な斜面などなく、何処も歩きやすい快適な遊歩道だ。ワンちゃんの散歩などにも最適かな。

2020-09hakoneatami15.jpg

とにかく往復2時間程度のハイキングとなり、それでも汗っびっしょりの健康的なひと時となった。普段運動しないので、旅先で歩くことは大切。

熱海に移動も、特に行くところなし

午後は箱根から熱海に移動。山を越えて奥湯河原温泉経由で到着。二泊目は同じく東急ハーヴェストの熱海伊豆山に宿泊だ。
チェックインまで時間があるので、近くのMOA美術館に出かける。狭い急坂を上って美術館の駐車場をやっとのことで見つけた。

2020-09hakoneatami12.jpg

長いエスカレーターを乗り継いでやっと美術館の正面玄関前にたどり着く。このプロセスが見せ場で、熱海の街を一望できるロケーションが素晴らしい。

2020-09hakoneatami11.jpg

2020-09hakoneatami10.jpg

2020-09hakoneatami09.jpg

MOA美術館は国宝や重要文化財のコレクションが中心。今日は日本の版画作品を多く見ることが出来た。

そしてホテルにチェックイン。これから温泉に入って午前中の箱根の疲れを癒そう。部屋からの景色、もっと陽光がサンサンとしていればプール遊びも気持ちが良いだろうけど残念だね。

2020-09hakoneatami08.jpg

御殿場は秩父宮記念公園

そして翌日、このまままっすぐ帰るのは勿体ないので芦ノ湖スカイラインを経由して御殿場の秩父宮記念公園に向かう。

2020-09hakoneatami07.jpg

園内は平日のためほとんど人が居ない。そのためのんびりと施設を見学できる。
秩父宮殿下が暮らした茅葺の母屋が見ものだ。

2020-09hakoneatami06.jpg

2020-09hakoneatami04.jpg

その他、園内には陶芸のための窯小屋があり、また防空壕があったり、当時の建物が保存されている。そして園内の植物もボランティアの皆さんの手入れが行き届き、多分年間を通じて四季折々の景色が楽しめるのだろう。

2020-09hakoneatami05.jpg

2020-09hakoneatami03.jpg

2020-09hakoneatami02.jpg

ということで、今回は秋の始まりの二泊三日の旅でした。

道中、少しだけ秋を感じたかな。

2020-09hakoneatami19.jpg


夏の終わりは蓼科で - 2020.08.31 Mon

tatesina202008-05.jpg

自宅で長く待機状態にいたせいか、この頃はどうしても出かけたくなる。最近は旅行の計画を立てても、全国的に感染者が多く出た時など、気になってキャンセルをしてしまうこともあった。皆さんはどの程度自粛されていたのだろう。我家はシニア夫婦なのでつい慎重になっている。
今回はもう夏も終わりということで、久し振りの一泊二日のGo to Travel だ。
さて、往路は関越、上信越経由で蓼科方面に向かう。佐久ICから中部横断自動車道(無料)を通って蓼科に入るのだが、これはなかなか快適なルートだ。今回のテーマは高原らしい涼しい場所の探索だ。まずはメルヘン街道をひた走り、最初に到着したのが、八千穂高原の八千穂レイクだ。

tatesina202008-18.jpg

ここはルアーやフライフィッシングが楽しめる管理釣り場になっており、標高1500mに位置する景色の良い静かな人口湖だ。

そしてそこからすぐ近くにあるのが、白樺林で、50万本もあるといわれている日本一の白樺の群生地だ。

tatesina202008-16.jpg

白樺林の中に小径があり、散策に最適だが、時間が無くてもドライブがてら道路から充分にその景色を堪能できる。

tatesina202008-17.jpg

そして同じくメルヘン街道沿いにある白駒池に向かった。広めの有料駐車場に車を止めて、トレッキングシューズに履き替えて白駒池まで向かう。

tatesina202008-15.jpg

池まではしばらく緩やかな上り坂の散策路が続く。そこでは緑の苔が一面に敷き詰められたような原生林が続く。これもなかなかの見ものだ。

tatesina202008-09.jpg

tatesina202008-14.jpg

tatesina202008-10.jpg

そして15分ほどでいよいよ湖面に到着。ここは標高2100mを越えるらしく、この標高では日本最大の天然湖となるらしい。

tatesina202008-13.jpg

tatesina202008-12.jpg

ここで景色を見ながら遅めの昼食をとる。今日は日曜日だが、それほどの人混みではなく、程よい感じ。

tatesina202008-11.jpg

一日目の行程はこんなところ。本日の宿泊は東急ハーベスト蓼科本館だ。

tatesina202008-07.jpg

ここは初めて宿泊するが、ホテルのロビーから見える八ヶ岳の景色が素晴らしい。晴れてたらもっと感動すると思うのでまたいつか利用しよう。ここは華やかさはないが避暑地としてひっそりと滞在するには良いかもしれない。

tatesina202008-08.jpg

夕食はビュッフェスタイルであったが、このウィズコロナ時代にあって典型的なスタイルの夕食となった。テーブル間には透明アクリルパネルの設置。テーブルにはウエットティッシュやマスクホルダーなどが用意されている。立席時には必ずマスク着用し、料理は自分で盛り付けることは出来ず、スタッフに指示して盛り付けてもらう。ちょっと面倒臭いがこれも慣れてくるのかもしれない。

ホテルにはそれほど広くはないが、温泉もあって、夕食前、就寝前、早朝と3回も入浴を楽しめた。

さて二日目。今日はあの東山魁夷の絵で有名な御射鹿池(みしゃがいけ)に向かう。
幻想的な風景で有名な絶景スポットだが、意外に道路沿いにあり、車からでも見ることが出来そうな場所だ。

tatesina202008-06.jpg

準備したカメラに広角レンズしか付けていなくて残念だったが、もう少し望遠で捉えると対岸からしっかりいい写真が撮れただろう。
また次の機会に。

tatesina202008-05.jpg

だいたい予定した高原の散策が終了し、あとは帰路に就くだけだが、最後に高速に入る前に諏訪大社に参拝することにした。

諏訪大社は諏訪湖周辺にある「諏訪大社上社本宮」「諏訪大社上社前宮」「諏訪大社下社春宮」「訪大社下社秋宮」の4か所の神社の総称である。全部回る時間が無いので今回は諏訪大社上社本宮だけにする。

tateshina2020-08-2.jpg

諏訪大社と言えば大木を山の中から切り出して御柱として境内の4箇所に建てる一連の祭り「御柱祭」が有名だ。10トン近い巨木を1社あたり4本、4社分で計16本を切り出し、運び、建てるとは、地元の氏子たちは相当なエネルギーが必要だ。

tateshina2020-08-3.jpg

tatesina202008-01.jpg

ありがたく、御朱印を頂いて帰る。

tatesina202008-19.jpg

今回の旅はまだまだ猛暑の続く中だったので、高原といえども暑かった。

次回はそろそろ秋の旅、きっと爽やかで気持ちがいいだろう。

電子ピアノ購入 - 2020.07.15 Wed

娘のために、40年ほど前に購入した古いアップライトピアノ。もうあまり弾かないために売りに出すことにし、複数の業者に相見積もりを出したところ、予想外にも高額で引き取ってもらえた。そこで、リビングルームがすっきりしたところで、グッとコンパクトな電子ピアノを購入することにした。電子ピアノはヘッドホンで練習することも可能で、音源も豊富なため、シニアの私にとっての練習や楽しみにもって来いだ。娘や孫が遊びに来た時にも弾けるし、そしてお手軽な価格も魅力だ。

20200723piano2.jpg

しかし、ピアノというのはなかなか普遍的で美しい楽器だとつくづく思えるなあ。

この電子ピアノは初心者用のスペックだが、鍵盤の感触、最高峰グランドピアノの音源をサンプリングした音、オルガンやビブラフォンなど10種類の音色、音源デモ曲10曲、名曲50曲の音源と楽譜がついており、至れり尽くせりだ。もちろんiPadなどiOSとの連携も可能だ。

20200723piano1.jpg

20200723piano6.jpg

ギターやウクレレも楽しいが、ピアノが弾ければ最高。少しづつ練習しようか。
定番のバイエルも良いが、出来ればジャズピアノにあこがれる。

こんな教材での練習もトライしよう。

20200723piano4.jpg

インテリアにも溶け込むシンプルさが良いね。

20200723piano5.jpg

ところでピアノに限らず楽器系、STAY HOMEのご時世で注文が殺到しているらしく、納品までかなり待たされるようだ。

梅雨真っ最中の長野・群馬 - 2020.06.23 Tue

天気予報を気にしながら軽井沢に出かけたが、やはり雨に降られた。
この時期はちょうど薔薇が見頃ではないかと思い、タリアセンのイングリッシュ・ローズ・ガーデンを訪ねた。

20200621-7.jpg

園内では約200種、1800株もの薔薇があるそうで、それらがいっせいに見頃を迎えていた。前回来たときは季節外れで見れなかったが、やはりここは6月の最盛期に来ないといけない。

20200621-3.jpg

20200621-10.jpg

20200621-6.jpg

20200621-4.jpg

園内ではワンちゃん連れの人達も多く、ワンちゃんもこんな環境で散歩したら嬉しいだろう。

20200621-8.jpg

20200621-9.jpg

さて、翌日はどこに行こうかと思案。晴れていれば湿原散策なども気持ち良いが、朝から雨のため、神社への参拝と美術館に決めた。ここ軽井沢から榛名湖・榛名神社に向かうことにしたが、これが結構遠くてしかもワインディングロードの山道が多く、到着まで随分と時間もかかった。

20200621-11.jpg

やっと到着した榛名神社。沢沿いの境内は深い森とたくさんの奇岩・巨岩に囲まれており、パワースポットとして注目を集めているそうだ。

20200621-12.jpg

入口の随神門から約500mの参道を歩いて奥の本殿にたどり着く。それまでは階段やトンネル、巨木、奇岩などがあり、退屈しない。

20200621-13.jpg

本殿の裏側にはいまにも崩れ落ちてきそうな巨岩がある。ここにこの神社のパワーの源があるのだろう。

20200621-14.jpg

無事参拝を終えて、折角なので御朱印を頂いておく。

20200621-1.jpg

その後、お土産屋さんに駐車した関係上、そこで昼食をとる。しかしそれはいかにも土産物屋という感じのちょっと粗末な蕎麦だった。

そして午後は神社から伊香保温泉を通り抜けて渋川にある「ハラ ミュージアム アーク Hara Museum ARC」にやってきた。

20200621-15.jpg

コロナ対策のため、入口で検温を済ませ、入館する。とてもきちんとしている。
建物は磯崎新の設計。
そういえばこの美術館は会社員時代、旅行でみんなで見学に来たことがあり、とても懐かしい。調べてみると、ちょうど30年前の6月のことで、同じように天気が悪かった気がする。

20200621-16.jpg

現代美術中心の展示で、屋外には有名なアンディ ウォーホルのキャンベルスープの缶。屋内では草間彌生さんの「ミラールーム」という作品が無数のカボチャが登場し、とてもインパクトがあった。館内、敷地内は良く整備されており、清潔で気持ち良い。

美術館のお隣は伊香保グリーン牧場だ。

20200621-17.jpg

ということで梅雨時の旅でした。

ゼロ戦を作ろう 最終回 - 2020.06.07 Sun

いよいよ本日、ゼロ戦が完成した。

2020006zero-5.jpg

作り始めて数か月、途中気が乗らないときは休んでいるので、完成までかなり時間がかかった。
確か作り始めたのは新型肺炎が上陸する前のこと。自宅待機のために始めたわけではなく、以前都内のタミヤショールームに寄ったのがきっかけだった。

2020006zero-6.jpg

しかし、このモデル、完璧に作るにはかなり高度な技術が必要とされる。いや、丁寧さと根気、周到な準備、段取りなどが必要だ。

2020006zero-2.jpg

キット自体が良く出来ていて、誰が作っても大きな失敗は無いだろうが、細かい部品が多く、手先が器用でないと無理なところもある。実際にいくつかの部品をピンセットで掴もうとして、どこかに飛んで行ってしまったことがあった。

2020006zero-1.jpg

また、胴体を組み立てて接着した後で、部品を入れるのを忘れたものもあり、(無線機を入れるのを忘れた。)残念だった。しかしそれらの部品は見えないところに収まるために大きな問題ではなかったが。

2020006zero-4.jpg

そんなこんなで何とか組み立てることが出来た。プラモデルマニアはこの状態ではきっと満足せず、塗装の剥げた様子や汚れを付けるなど本物以上のリアリティを追求するようだ。

2020006zero-3.jpg

まあ、今回は自分的には満足できたかな。エアブラシ塗装など、初めてのことにチャレンジできたし。

しかし、プラモデルは作っているときが一番楽しくて、完成してしまうとまるでパーティーが終わった寂しさだ。

さて次は何を作ろうか?当分先になるとは思うが、ゼロ戦で始めたら、次は米軍の名機ムスタングP51Dか英国のスピットファイアしかないなあ。事前に勉強・調査しておかないといけないし、

ちゃんと置き場所も考えないと。


本日の散歩 - 2020.05.25 Mon

曇り空だが、運動不足解消のためにウォーキング。
飛行場を横に見て、公園までのいつもの道。

20200522-8.jpg

20200522-7.jpg

至る所の新緑が気持ち良くなってきた。

20200522-6.jpg

途中で綺麗なバラが見れたのでラッキーだった。

20200522-5.jpg

20200522-4.jpg

20200522-3.jpg

20200522-2.jpg

公園に到着したら、そのまま家に戻る。
本日の散歩終了。

20200522-1.jpg

ゼロ戦を作ろう その2 - 2020.05.23 Sat

このテーマは1月に投稿して以来、久方ぶり。
プラモデル作りは新型コロナウィルス騒ぎで自宅待機が余儀なくされる中、創造的な時間を過ごすためにはピッタリだ。

タミヤ模型のこの製品「1/32 三菱 海軍零式艦上戦闘機 五二型」は究極のモデルと言われ、かなり上級者向けのもので、ハードルも高いが何とか頑張って制作を進めている。

2020zero_5.jpg

作り始めてまず驚くのが、各部品の細かいこと。部品を無くさないようにピンセットで慎重に丁寧に組み立てていく。これら部品は、磨き、接着、塗装と、製作工程を踏まえて組み立てる必要があり、説明書に記載された順序だけではなく、自分で段取りを考えながら効率的に進めなければいけない。まあ、プラモデルを楽しむ人にとっては常識の話だろうが。

zero2020-05-02.jpg

ゼロ戦のコクピットの組み立てが最初の作業。「ゼロ戦用コクピット色(三菱系)」という塗料が市販されているので、当然これを手に入れる。ご丁寧に、当時三菱とは別にライセンス生産されていた「中島系のコクピット色」というのも市販されている。

zero2020-05-01.jpg

いきなり細かい部分で挫折するが(操縦席のメーター類の文字盤の貼り付け)、めげずに進めていく。充分リアルなので満足している。このコクピットで気付いたが、操縦桿の下、床面に小窓が空いており、パイロットは此処から直接下界を目視し、補助燃料タンクの切り離しなどを目視確認出来たのだろう。色々と当時の設計面での工夫が感じられる。

しかし、どう考えても組み立てた後は見えなくなるよね、という部分にまで部品が用意されているので真面目に作らざるを得ない。これが、究極の模型の基本コンセプトのようだ。下の写真はコクピットの後ろに置かれる酸素ボンベだ。ジュラルミン色に塗った機体の内側に接着する。

zero2020-05-03.jpg

そして、本体の組み立てが進んでくると、塗装の準備だ。ここで一回サフェーサーによる下塗りを行うので一休みしておく。

zero2020-05-05.jpg

その間に、1130馬力の栄21型エンジンを組み立てる。空冷星形14気筒エンジンだ。

zero2020-05-04.jpg

エンジンの完成、この排気管の焼けた感じはちょっとリアル。

zero2020-05-06.jpg

これらの作業に合わせて必要な塗料が少しづつ増えていく。必要に応じて「ヨドバシカメラ.com」で購入したものだ。この「ヨドバシカメラ.com」は塗料1個でも即座に届けてくれる便利な通販サイトで私にとってはAmazonと共に欠かせないショップだ。

zero2020-05-07.jpg

そういえば塗装作業に必須のアイテムはエアブラシで、これも模型製作に取り掛かる前から色々と探して入手しておいた。問題は室内でのエアブラシ塗装を可能にするための塗装ブースの設置だ。本格的なものは邪魔になるのでを設置するつもりはなく、簡易に自作することを考えた。

その結果、段ボールを利用し、小型換気扇を取付けてホームセンターで買ってきた細々とした材料や排気ダクトなどを使用して写真のようなブースを完成させた。

zero2020-05-08.jpg

段ボール利用のため、汚れたらまた新しいものと簡単に交換できるように考えている。

zero2020-05-09.jpg

換気扇のオン・オフスイッチを取り付けて完成。使わないときは屋根裏に保管する。

zero2020-05-10.jpg


結局プラモデルを始めるということは、その周辺で必要とされる材料や道具を一式揃えなければならず、模型メーカーの品揃えの豊富さに驚かされる。

という訳で、退屈もせず楽しくStay Homeを実行中。今回はプラモデルブログとなりました。
続きはまた今度。あまり急いで組み立てても愉しみが無くなるので。

そろそろ来週あたりから緊急事態宣言が解除されそうな雰囲気だな。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

masa

Author:masa
Small House Style へようこそ!2011年に念願のリタイア生活に入りました。フリーでデザインの仕事をしながらも、趣味の世界も充実させ、楽しみたいと考えています。どんな生活になるのか、ブログを通じてみなさまにご紹介しましょう。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ごあいさつ (3)
my favorite things (18)
ウクレレ (22)
旅 (76)
カメラ・写真 (6)
車 (9)
デザイン (5)
今日の出来事 (47)
雑感 (9)
音楽 (5)
ペット (13)
プラモデル (2)
灯台 (1)
ダム (0)
お寺・神社 (0)

FC2ランキングバナー

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: