FC2ブログ
topimage

2021-10

ソロキャンプ第2回目 - 2021.10.05 Tue

2021camp2-4.jpg

10月初旬は晴天が続くとの予報を確認した上で、ソロキャンプ第2回目を実行した。

関越自動車道は、秋の行楽シーズン、結構車が多い。特にバイクが多く、みんな気持ち良さそうに走っている。緊急事態宣言が解除されたばかりで、待ちかねた連中が一気に行動を開始した様子。

高速道路も快晴で走るのは気持ちよく、このN-VANはオートクルーズコントロールが装備されているので、一定速度で前方の車との車間距離を保ってくれるし、ハンドル操作も不要になるような自動運転だ。これは長距離を走るときには疲れないのでとても助かる。

2021camp2-10.jpg

さて、やって来ました、ここは群馬県の丸沼高原スキー場。

2021camp2-3.jpg

夏の間はこのスキー場がオートキャンプ場として利用されている。
キャンプ場にチェックインするまえに、ちょっとロープウエイに乗って、日光白根山の麓まで一気に登っていく。

2021camp2-9.jpg

日光白根山は、栃木県日光市と群馬県利根郡片品村の境界にある標高2,578mの山だ。この写真を撮ったのはロープウエイの山頂駅からで、そこでも標高2,000mとなる。ここを拠点に多くの人が山頂まで登山を楽しんでいるらしい。
私はここで、景色を見ながら昼食を頂く。

紅葉にはまだ早いが、10月後半には見頃になりそうだ。もっと混むのかもしれないが。

2021camp2-2.jpg

ロープウエイで降りるときに見えたのが丸沼だ。

2021camp2-1.jpg

さて、楽しみのキャンプ場での設営作業。お隣さんとの距離を充分に保ちつつ、場所を慎重に決めて、駐車する。これがなかなか1回で決まらないところが面白い。
ここ丸沼オートキャンプ場は、管理事務所(ロッジ)に温泉がある。夕食前に温泉に浸かり、のんびりすることが出来た。

2021camp2-8.jpg

先回のソロキャンプは実際のところ、現地で友人と過ごしたので、グループキャンプとなるが、今回は完全にソロキャンプ。暗くなると寂しくなる。何もすることが無いので、ついつい早く寝てしまうが、風が出てきて、気温がどんどん下がってくる。日中は24度ぐらいだったのに、夜は14度とか、明け方にはとうとう8度ぐらいになってしまった。さすが標高1,500m。

夜中にトイレに行くときに見た、満点の星空は綺麗だった。

2021camp2-7.jpg

翌日も快晴。
きょうは草津温泉に向かう。日本ロマンチック街道を快調にドライブし、草津にやって来たが、観光客混雑しており、しかも暑くて大変。
賽の河原の大露天風呂を何とか楽しんできたが、ここ草津の「道の駅」などで泊まるのは混雑しすぎていて無理のようだ。といって家に帰るのも面倒なので、ここから比較的近い軽井沢のハーベストクラブに泊まることにする。早速予約の連絡を入れて運よく当日の空き部屋を確保出来た。

キャンプの後に、ガラッと変わって、この快適な部屋に到着。今夜はぐっすり眠れそうだ。

2021camp2-6.jpg

翌日はブッフェ朝食。いつも軽く和食を頂いてから、洋食のデザートで締める。

2021camp2-5.jpg

帰りは軽井沢から自宅まで、高速を使わずに一般道を通って帰る。普段と違う景色なのでこれも新鮮だった。
こんな感じで、ゆるくキャンプ、疲れたらホテル、また元気が出たらキャンプなど、繰り返しながら旅が出来そうだ。

そんな検証が出来た旅。

初秋の那須高原 - 2021.10.02 Sat

今回はソロキャンプではなく、家族旅行で那須方面に2泊3日で出かけて来た。
毎回のことで、観光的には行きつくした感のある那須エリアなので、ちょっとマニアックに寄り道をしながらの旅だ。
まずは埼玉から群馬県の一部を通って、栃木県佐野市へ。
日本名水百選に選定されている「出流原弁天池 (いずるはらべんてんいけ)」にやって来た。

nasuL1020320.jpg

透明度の高い湧き水の池をのぞき込むと、ゆったりと鯉が泳いでいる。

nasuL1020312.jpg

nasuL1020324.jpg

底まで澄み切った水の中で水草もきれいに見える。 しかしここはあまり知名度も無いのか、人も多くないので、まあそれはそれで良かったかな。

続いて次の場所、宇都宮市の北部に移動。
見渡すばかりの竹林で最近有名な若竹の杜、「若山農場」にやって来た。
駐車場に車を止め、こゆきちゃんを連れて受付に。ペットもOKだ。入園料を払って、簡単に場内の説明を受けてからいよいよ園内へ。
まず最初に目に入るのは広々とした栗林だ。

nasuL1020330.jpg

ここではそこら中に栗が落ちているのだが、残念ながら拾ってはいけない。ちゃんと売店で売っているのだから。

nasuL1020329.jpg

さてここからが本格的な竹林のエリア。さすがに素晴らしい。数々の映画の撮影、ロケに使われる人気の場所だ。

nasuL1020332.jpg

竹林の奥にキャンプサイトも見える。

nasuL1020336.jpg

nasuL1020337.jpg

竹の種類は良く知らないが、孟宗竹以外にこんな珍しい亀甲竹という品種もある。

nasuL1020351.jpg

この園内でお弁当を食べて(写真撮り忘れ)ゆっくりと散歩を続ける。

nasuL1020353.jpg

そして最後にお土産の栗を買って終了だ。

本日はこれで予定終了、その後今夜の宿泊場所、東急ハーベス那須にチェックインしてゆっくり温泉に浸かった後、夕食はレストランからテイクアウトで鰻弁当だ。
プチ贅沢な感じのお弁当に興味津々なこゆき。

nasuL1020362.jpg

さて翌日となり、何処へ行こうか。本当は若かりし頃の天皇陛下のように那須岳に登山、ハイキングをしてみたかったのだが、あいにく山頂は雲の中。どこか別の場所に行くことにした。

はい、定番スポットの「八幡つつじ群落」の遊歩道に来ましたが、季節外れなのでひっそりとしている。

nasuL1020364.jpg

こゆきちゃんの那須旅行の記念写真をちゃんと撮っておこう。ハイポーズ。

nasuL1020370.jpg

まだまだ時間があるのでまたまた定番の「千本松牧場」にやって来ました。

うん、いい感じの写真だ。

nasuL1020375.jpg

牧場内で乗馬を楽しむ人たち。優雅でかっこいいな。

nasuL1020376.jpg

そして昼食は時々利用している「ふくろう」という蕎麦屋さんで。

nasuL1020378.jpg

お店の前には綺麗なコスモスが。これは秋らしい。撮っておかないと。

nasuL1020384.jpg

nasuL1020386.jpg

nasuL1020387.jpg

こゆきの散歩も済ませ、秋らしさを満喫し、ホテルに戻って、また温泉に浸かり、今夜は和食のコースを楽しむ。たまに贅沢も良い。

ここで久しぶりにちょっと料理の紹介。

先付は胡桃豆腐から始まる

nasuL1020390.jpg

そしてお椀は海老団子や松茸など

nasuL1020393.jpg

御造りは普通の盛り合わせ

nasuL1020394.jpg

八寸はなんと見事な虫駕篭で秋の演出。

nasuL1020401.jpg

煮物は里芋や合鴨つみれ、とんぶりなど

nasuL1020402.jpg

途中省略してデザートは栗のムースや柿。巨峰、キウイとミント。

nasuL1020405.jpg

nasuL1020406.jpg

以上、料理長の確かな腕前に支えられたとっても美味な夕食でした。

さて2泊3日の予定も終了し、帰る前に寄るところを探す。基本はこゆきがたっぷりと散歩が出来るという場所だ。
いろいろ探して、宇都宮美術館の周辺の公園に行くことにした。

公園ではワンちゃんたちが散歩中。こゆきもこうした旅行の時に色々な経験することが大事だ。

nasuL1020410.jpg

nasuL1020412.jpg

この公園内の遊歩道を進むと、里山の畑一面に鮮やかなキバナコスモスが咲いていた。

nasuL1020417.jpg

nasuL1020420.jpg

以上で今回の那須方面への旅は終了。栃木県は人気ランキングで全国最下位の県だそうだが、どうしてなのか。
見どころは色々ありそうだ。

さてその後、翌日はお土産で買ってきた栗で、栗ご飯を炊いてもらった。
この時期にしか得られない取れたての栗を使った季節の味覚。日本人に生まれて良かったと思う。
ついついお代わりをしてしまう。

2021-09kurigohan2.jpg

202109kurigohann.jpg




初めてのソロキャンプ - 2021.09.18 Sat

2021-09-16_17-08-20_950.jpg

N-Vanを買って、車中泊仕様に整え、さていつキャンプに行くかが問題だった。この夏の暑さ、そしていつまでも収まらないパンデミック。だけどこのままだといつまでたっても出かけれれない。そこで、よし明日行こう!と決めて支度を始めた。
まずはパソコンで適当なキャンプ場を探し、ネット予約を入れる。目的地はドラマ「ゆるキャン」で紹介された有名な「ふもとっぱらキャンプ場」だ。

自宅を出発してから、直ぐにスーパーで食材や調味料など一式そろえる。そして、高速を使わずに一般道のドライブを楽しむ。山中湖へと続く道志街道は時々晴れ間も見えて、快適そのもの。ここ道志街道は東京オリンピックの自転車ロードレースのコースに選ばれている。

202109camp5.jpg

そして途中道志温泉で露天風呂を楽しむ。

202109camp4.jpg

さて、やってきました「ふもとっぱら」。到着時は富士山も見えず、でも風景が開けててとても気持ち良い。
さっそくこんな風に車とタープを一体にて設営する。

202109camp3.jpg

夕食の準備までたっぷり時間があるので、ゆっくりと支度を始める。このゆっくりの感じがとても良い。
この時のために、過去に買ったあまり使われない道具、最近揃えたものなど色々引っ張り出して、調理を始める。
メスティンで炊いたご飯、スキレットで炒めた野菜炒め。どれもみんなとても美味しく感じる。

202109camp2.jpg

実は友人と現地集合したので、ソロキャンプではなく、グルキャンだ。お互い自分で好きな料理を作って干渉せず、でも焚火を前に一緒にゆっくりと飲む。こんな感じで夜を過ごす。

202109camp11.jpg

夜間に少し雨が降って来た。タープの水滴がきれいだ。

202109camp12.jpg

今回夜の気温は16度、夜明けは14度と少し寒い程度で快適。車なので色々な荷物を余裕をもって積めるので、安心だ。

202109camp1.jpg

夜中に目が覚めた時、ふと空を見ると満点の星。晴れていた。

202109camp10.jpg

翌朝は富士山から日が昇る。快晴とは言えないが、富士山が顔を見せてくれたのが嬉しい。

202109camp9.jpg

撤収をゆっくりと済ませ、キャンプ場の林道を抜けて、帰路に就く。本当に素晴らしいキャンプ場だ。

202109camp8.jpg

途中に「ゆらり」という日帰り温泉によって、汗を流す。

202109camp7.jpg

河口湖周辺で、ざる蕎麦を頂いて今回の旅は無事終了。色々とキャンプで試したいこと、車内での寝心地や道具の確認などしておきたいことが沢山あったので、なかなか充実したキャンプだった。

202109camp6.jpg

さて、次は何処に行こうか? キャンプ場だけでなく、道の駅での車中泊旅行を楽しむつもりであれば、色んな所に行ける。

避暑地のこゆき - 2021.09.12 Sun

2021-09karuizawa1.jpg

9月も半ばに入ったが、東京は30度を越える暑さ。
軽井沢に来てみると21度と爽やかなもの。こゆきはホテルのテラスが気に入っていつまでも庭を眺めている。

軽井沢到着前に、東松山の森林公園に寄ってみた。
広いドッグランで沢山のワンちゃんの中、ちょっと緊張気味のこゆき。リードを外して自由に走り回るには、まだ経験が足りない。

2021-09karuizawa4.jpg

今回は色んなワンちゃんに会えたし、たっぷり歩いたし、良い一日だった。

2021-09karuizawa3.jpg

2021-09karuizawa2.jpg

2021-09-13_karuizawa.jpg




退屈なので - 2021.08.21 Sat

このところ雨が多くて天気もはっきりしない。

2021-08-21-10.jpg

でも今朝は気持ちよく晴れたので、カメラを持ってちょっと散歩に出かける。
雨が続くと必ず水たまりができるいつもの歩道。

2021-08-21-9.jpg

特に写真に撮るものもないけれど。

2021-08-21-8.jpg

空は気持ちが良い。

2021-08-21-7.jpg

最近の感染者増加で、毎日自宅で大人しくしているけど、車で出かけて、あまり人に合わなければ問題ないな。

という事で、行きたかった長瀞のキャンプ場の下見に行ってこよう。今日は土曜日なので、急に予約も取れないし、下見を兼ねたドライブというのも悪くない。

という事で、さっそく関越自動車道に乗って花園ICへ。

2021-08-21-6.jpg

意外に車が多い。こちらは軽の商用車なので、ゆっくり走行。

早速到着した長瀞のキャンプ場。 うん、これはいい!景色がいいし、川沿いで気持ちが良い。プライバシーも配慮されている。
これならソロキャンプも、家族キャンプも楽しめそうだ。

2021-08-21-5.jpg

もう一つ、キャンプ場の下調べを済ませ、昼食には秩父の蕎麦をいただく。「くるみ天ざるそば」だ。

2021-08-21-4.jpg

2021-08-21-3.jpg

帰りに羊山公園の見晴らしの良いところに立ち寄り、秩父市内を一望する。

2021-08-21-2.jpg

2021-08-21-1.jpg

今日一日、結構な距離を走って、自宅に戻る。

こゆきのお出迎え。今度はまた近いうちにどこかに連れて行ってあげるからね。

2021-08-21-11.jpg


我が街に聖火がやってきた - 2021.07.06 Tue

聖火リレーも後半に差し掛かり、感染防止で自粛中の国内において、イベントとして実施すべきか色々と揉めているが、埼玉県の狭山市ではリレーを実施することになり、幸い家の近所を通るために通りに出てみた。

20210706seika6.jpg

Hope Lights Our Way と書かれた車。東京2020オリンピック聖火リレーコンセプトは「希望の道を、つなごう」だったんですね。知らなかった。

20210706seika9.jpg

幸い沿道にはそれほど多く人も集まらず、密にならなくて済んだのが良かった。おかげで見やすい。

20210706seika8.jpg

20210706seika7.jpg

各スポンサーも今回はあまり積極的に活動できなかっただろうと思うが、聖火リレーはアピールのチャンスだ。沿道の観客に色んなノベルティを配ってくれる。

さて、この区間の聖火ランナーは可愛いお譲さんだ。聖火リレーの公式サイトでも公開されているが、彼女は有名なテコンドーのジュニアの選手で、次のパリ-オリンピックの出場を目指して日々頑張っているアスリートだ。

20210706seika5.jpg

トーチを是非近くで見せていただきたかったので、ワンショット。

20210706seika4.jpg

吉岡徳仁さんデザインの素晴らしいトーチのデザイン。桜の花びらをモチーフにした断面形状がとてもお見事。

20210706seika3.jpg

今回のオリンピック開催は、いろいろ批判もあり、複雑な気持ちだけれど、もう自分たちが生きてる間に日本でのオリンピックは見ることが出来ないだろう。とにかく今日は何か貴重な機会に立ち会えたような気がした。

20210706seika1.jpg

最後に、こゆきと一緒に市役所の前で記念のショットを撮っておく。

20210706seika2.jpg

ここ狭山市では7月29日からゴルフ競技が開催される予定だ。

軽井沢レイクガーデンのバラ - 2021.06.15 Tue

2021-06karuizawa-12.jpg

今日から梅雨入りという日に軽井沢に出かけた。お目当てはレイクガーデンのバラだ。

まずは遅めに自宅を出発、昼食は「地粉や」さんの蕎麦を。見晴らしの良いテラス席でこゆきも良い子でおとなしくしている。

2021-06karuizawa-4.jpg

注文したのは「くるみだれ蕎麦」。うーんとっても美味しい。

2021-06karuizawa-3.jpg

軽井沢でも、ここ御代田あたりは最近注目のエリアのようで、高級ホテルもオープンするなど、色々なお店が進出して人気が出て来たようだ。
昼食後は蕎麦やさんからすぐ近くの「真楽寺」に寄ってみる。広い境内には神秘的な「大沼の池」などもあり、前回来た時にとても印象に残っていたことを思い出した。

2021-06karuizawa-20.jpg

そして今回はハーベストの旧軽井沢に泊まる。

まずはチェックインしてゆっくりとお風呂に。

2021-06karuizawa-2.jpg

楽しみの夕食は定番の和食コースに加え、ビールと日本酒「佐久の花」。 とっても満足。

2021-06karuizawa-17.jpg

2021-06karuizawa-18.jpg

2021-06karuizawa-16.jpg

この夕食時に物凄い雨が降って来た。昼間の観光中で無くて運が良かった。

さて、翌日はスカッと晴れて気持ち良い、いや軽井沢とは言え少し暑いぐらいだ。

今回の目的地「レイクガーデン」にやって来た。入場料は¥1,500とちょっとお高めだけど、薔薇が見頃のハイシーズンとあって、やむおえない。こゆきちゃんはカートに乗せていれば入場OKとのこと。

2021-06karuizawa-14.jpg

天気は最高、空気も美味しい!バラの香りも気持ち良い。やっぱりこういう場所は訪問する季節を選ぶべきだ。

2021-06karuizawa-1.jpg

2021-06karuizawa-13.jpg

2021-06karuizawa-11.jpg

園内はゆっくり回って1時間ぐらい。色んな種類のバラと植物が楽しめる。

2021-06karuizawa-9.jpg

こゆきはカートに乗ってて、ほんとに楽ちん。

2021-06karuizawa-8.jpg

2021-06karuizawa-7.jpg

ここは全部で8つのエリアに分かれていて、池の中を橋を渡りながら散策する。でもこゆきを乗せたカートは結構階段部分で苦労する。ワンちゃんもリードで散歩OKにしてくれれば楽だけどな。

2021-06karuizawa-6.jpg


2021-06karuizawa-5.jpg

2021-06karuizawa-15.jpg

という訳で、結構楽しい散歩でした。これも天気のおかげ。

何度も来ている軽井沢、事前に色々調べて、常に新鮮に楽しむことが出来ている。
さて、次回はどうしようか?

ところで今回の撮影は全てiPhone12。まずいな、一眼レフの出番が無くなって来ている。

N-VANを買って車中泊仕様に - 2021.05.31 Mon

70歳を機に、まだまだやりたいことがある。
例えば車。いつか免許を返納する時が来ると思うと、やっておきたいのは日本国内車中泊の旅やソロキャンプだ。まだまだ自分が行ったことのない素晴らしい場所が日本に多く残っている。
バイクの旅も楽しそうだが、自分にはちょっときついかな。そこで今回手に入れたのはホンダのN-VANの中古車だ。

20210606nvan11.jpg

中古と言ってもまるで新車のような程度の良い車だった。この商用車をベースに簡単なカスタムを行い、自分の快適な空間に仕上げる。床は市販の木製パネルを敷き詰めて完全フラットに、後部にはテーブルを備え付けて、旅先で食事をしたり、ブログを書いたり、仕事さえも出来る仕様に。

20210606nvan6.jpg

20210606nvan8.jpg

20210606nvan10.jpg

そして車内にこれからどんなキャンプ用品をどのように収納していくかを考えるのが楽しみだ。
外観は商用車らしいシンプルな白を選んで車体をキャンバス代わりにデカールで装う。まずは両サイドのドアに私のオフィスの屋号である「Small House」のロゴを貼る。つまりこの車は私の仕事部屋、ノマドオフィスでもある。

20210606nvan4.jpg

リアには適当に気に入ったブランドのステッカーを自作し、キャンピングの雰囲気を盛り立てる。

20210606nvan3.jpg

20210606nvan2.jpg

こうしてハードとしての車や装備の準備は整いつつあり、肝心のソフト、旅の目的についても色々と検討中。車中泊やソロキャンプ、写真撮影、温泉巡り、灯台巡りなどに加え、今まであまり出来なかったことにもちょっとチャレンジしたい。(バードウォッチングや水彩画かな?所さんのようにガスガンで遊ぶとか。)
Facebookを見てると、私の先輩や友人達もそれぞれ趣味として旅を楽しんでいる様子。これから色んな情報を交換させてもらいたい。

20210606nvan1.jpg

今回の件は嫁さんに事前に相談して、賛成してもらったので嬉しくて一気に事を進めて行った。但し、嫁さんや子供たちからくれぐれも運転や旅に充分に気を付けてとの話。

そうそう、日本全国車中泊の旅といっても、この年なので一気に行くのではなく、数日間ずつの分割で時間を掛けて行くつもり。もちろん気が向いたらホテルや旅館も利用して、基本は無理せず楽しむという事で。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

masa

Author:masa
Small House Style へようこそ!2011年に念願のリタイア生活に入りました。フリーでデザインの仕事をしながらも、趣味の世界も充実させ、楽しみたいと考えています。どんな生活になるのか、ブログを通じてみなさまにご紹介しましょう。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
ごあいさつ (3)
my favorite things (19)
ウクレレ (22)
旅 (83)
カメラ・写真 (6)
車 (10)
デザイン (5)
今日の出来事 (54)
雑感 (10)
音楽 (5)
ペット (18)
プラモデル (2)
灯台 (1)
ダム (0)
お寺・神社 (0)
退屈なので (0)

FC2ランキングバナー

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: